ここ1週間で急に寒くなってきましたね。

まだ風邪は引いておりません、もえちゃん(心理学類3年)です。

 

本日、11月24日(土)に台坪校の保護者会を行いました。

台坪校の保護者会の流れは、こんな感じ!

まず、みんなで挨拶。

そのあと、生徒は5分計算に取り組みます。ここまではいつもと同じ。

そのあと、学生講師の自己紹介。のあと、部屋を二つに区切って、片方は保護者会、もう一方は生徒がいつも通り勉強をします。

私は、今日は生徒の方に居たので、保護者会の様子は伝えられません…(ちゃんと後で内容はちゃんと聞きましたし、紛糾したとかそういうことはありません笑)

1時間目が終わると、保護者会も終わっていて、今日の2時間目は、かんたくん(数学類2年)による特別授業でした。

今日は、「論理のパラドクス」について。うーん、難しそう…。

要するに、今日かんたくんの授業でやったパラドクスは、「この箱に、すべての箱が入っています」→「はい、ダウトー!!」、「それ自体嘘じゃん!!何言ってんの!?」みたいなことですね。こういうことやる人いますよね。普段だったら、「面倒だな、こいつ」ってなるかもしれませんが、こういう論理的なことを地道にやってくのが、学問なんですね。特に数学とか。

さっきの箱で言うと、すべての箱が入ってるはずの箱自体はその箱に入ってないじゃん!ってことです。

小学生の中学年にはすこし難しかったかな。

でも、小学6年生で興味を持ってくれた生徒もいるようです。

時には、こういう特別授業があるのもいいですね。

 

今度は、27日(火)に春日校で保護者会です。では、そのときも更新できるといいですね!