こんにちは!もえちゃん(心理学類3年)です。

今日は、保護者会がありました。保護者の皆様、お集まりいただきありがとうございました。

 

それと今日の2時間目は、なっちゃん(比較文化学類4年)による特別授業「芭蕉の俳諧」がありました。

「古池や 蛙飛び込む 水の音」

芭蕉か…これ以外、覚えてないな…

という学生側もこの程度の予備知識。

さぁ、わからないことはなっちゃんさんに聞こう、という姿勢で臨みます。

 

俳諧は、日常をうたう庶民の歌。

連歌は、非日常をうたう貴族の歌。しかも、作法も厳しいらしい。

 

「では、『去来抄』に載っている越人の俳諧の歌を崩し字を解読して読んでみよう」、と配られたのは崩しすぎて解読できない難解な文章。

 

なっちゃんさんのヒントを助けに解読し、

「うらやまし おもひきる時 猫の恋   越人」

結構、越人さんの語の選び方、素敵ですね。

生徒からは「猫って恋するの?」って疑問が上がりました。確かに…。あれは、求愛といっても人間の感じる恋なのかはわからない。なんでしょうね、「脳内物質とか調べたらわかるのかな」、とか、「猫、喋ってくれないかな」とか俳諧とは別の思考にトリップしました。

ちなみに、この時代、「猫」は「春」の季語だったそうです。

 

 

それでは、今日はここら辺で。

さくら塾の毎週の活動はこちらをご覧ください。