こんにちは、しゅんご(応用理工学類2年)です!

もう間もなく、年度の変わり目がやってきますね、個人的にはとてもわくわくする季節です
そんな一方で、年々一年間が短くなっているような気がしてます、歳でしょうか……?

はい、そんなよくわからない話はさておき、1月の理科実験教室のご報告をさせていただきます!
私事に追われているうちに2か月前のことになってしまいました、筆不精ですみません……。

 

1月29日(日)に「第2回 理科実験教室」を行いました!!


2015年の10月末に第一回理科実験教室を行い、たくさんの子どもたちに来てもらいました。
そのときの様子はコチラ→「さくら塾理科実験教室開催!」

さて、今回はどうだったでしょうか……??
今回は3つの実験を行いましたので、実験ごとにご紹介させていただきます

 

「石けんからキャンドルを作ろう!」


この実験は、もえちゃん(心理学類1年)とさんぺー(人文学類1年)の1年生コンビにやってもらいました!
1年生ながら頼りがいのあるしっかりした2人です。
写真はキャンドルの材料を混ぜているところ(左)と、キャンドルを固めている様子(右)です。

石けんは油からできているという話、ご存じですか??
実は石けんから油の成分を取り出すことで、キャンドルを作ることができるのです!
お酢の臭いが少し強烈でしたが、みんな自分の手で頑張ってキャンドル作りを行ってくれました
お土産の、石けんからつくった手作りキャンドル、いかがでしたか……?
終始人が絶えない様子で、大盛況でした~!(^^)!

 

「ミイラの作り方」


え……ミイラ……と思われた方、多いのではないでしょうか?? 今回の理科実験教室の目玉ともいえる企画です!
この実験はアヌビスの使い(?)もるさん(日本語・日本文化学類3年)としんちゃん(人文学類1年)に行ってもらいました。(実験原案はもえちゃんが出してくれました)
写真はミイラの作り方に関する説明(左)と、ミイラ処理をしたある野菜(右)です。

一般的なミイラは、人の遺体に防腐処理をほどこしたもの、ということになります。
この実験では、ミイラについてクイズなどもはさみながら勉強したあと、ミイラ処理をした”ある野菜”を粉の中から発掘してもらいました。
もう終わったのでネタバレしてしまいますが、その野菜とは、ジャガイモです。
ジャガイモのミイラと聞くと、なんだか不思議な気もしますが、これでもれっきとしたミイラなんですね~
みんな、ワクワクしながらミイラ発掘をしてくれたのではないかと思います!

 

「電子レンジで大実験!」


最後に僕の担当した電子レンジ実験についてです。
他2つの実験と比べると、一見なんだか地味な感じはしますが、電子レンジもなかなか面白いのですよ……!
写真は電子レンジの原理に関する説明(左)と蛍光灯を電子レンジに入れる様子(右)です。

電子レンジというのはほとんどのご家庭にある身近なものかと思いますが、意外とその原理はよくわからなかったりしますよね?
その原理を使うと、実は電子レンジは温める以外のこともできてしまったりするということを実験で行いました。
鉛筆で書いた絵が焦げたり、シャーペンの芯が光って燃えたり、電球が光ったり……etc
子供たちも驚いてくれたので、とてもやりがいのある実験でした。

 

今回の理科実験教室は、経験不足や事前実験がなかなかうまくいかなかったりと、不安を抱えるなかでの本番となりましたが、何とか楽しんで終えることができました。
そして、チラシを見て来てくださった方々、さくら塾の生徒と一緒に来てくれたお友達、たくさんの子どもたちに参加してもらえたことが、何よりも嬉しいことでありました!

驚いたり、面白がったりしてくれる子どもたちの様子を見て、大変だったけれどやってよかったなぁとしみじみと思っております。
活動を支えてくださった保護者様、地域の方々、理科実験教室に来てくださった方、実験を担当してくれた学生のみんな、本当にありがとうございました。
第三回に続くことを願いながら、みなさんへの感謝の言葉で結びとさせていただきます。